"> ');

KSC AK74M M4ストックカスタム




KSCのAKのカスタムが続きますが、今回はKSC AK74MのストックをM4タイプにカスタムしていきたいと思います。

いつもながら、KSCのAK用のM4ストック変換パーツは発売されていないので、LCT、GHKなどのリアルサイズに対応しているパーツを使っていきます。

5KUから発売されているAK-M4ストックアダプターを取り付けることにしました。

ストック基部のピンを下からピンポンチなどでたたいて抜きます。

ノーマルのストックと取り付け部分を比べて見ます。写真では分かりにくいのですが、ストック取り付け部のピン穴がM4ストックタイプの方が直径1mmほど大きいようです。

このまま取り付けるとガタが出るので、ステンレステープでスリーブを作って挿入することにしました。

上の画像のようにストックピンに巻き付けて癖を付けてスリーブ状に加工していきます。

丸まったステンレステープを適当なところでカットして、ピン穴に入れていきます。

こんな感じでピン穴がちょうど良いサイズになりました。

0.1mmのステンレステープは、アルミテープよりも硬くてピン穴のサイズ調整などに重宝するので1枚買っておくと便利かと思います。

ストックを取り付けてピンを上から差し込んだところ、ストックのロックが掛からないのでロックの爪が引っかかる部分も加工します。

白丸の部分を少しヤスリで削って爪に引っ掛けるように調整します。

これでストックパイプがガッチリと取り付けることが出来ました。

ストックのカスタムとついでにチャージングハンドルもZenit タイプを取り付けておきました。

KSCのAKの場合、ZenitタイプのチャージングハンドルはRP-2タイプの方が加工無しで取り付けることが出来るのでオススメです。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。