"> ');

VFC GLOCK G17 Gen5 Wilson Combat   Vickers Elite カスタム




今回は、実銃ではGLOCK G17 をベースにしてタクティカルトレーナーであるラリー・ヴィッカースからの要望を受け、Wilson Combat社によって特注で製作されたカスタムピストル、”Wilson Combat Vickers Elite Glock”をVFCのG17 Gen5で再現カスタムされているBCSWのショップカスタム品をレヴューしていきたいと思います。

VFC G17 が2丁買えるくらいの値段だったのですが、スライドの加工やフレームの特徴的なステップリングは手作業では困難だと思ったので購入することにしました。

早速、外観から見ていきます。

スライドは米軍指定塗料である「KG GUN-KOTE(ガンコート)」の焼付塗装を採用し、質感の向上と耐久性を獲得しているそうです。

さらにスライドに追加されたフロントコッキングセレーションは、独特のラウンドシェイプも再現されています。

*(GUN-KOTEとは
アメリカ軍の指定塗料でもあるKG GUN-KOTE は、9Hという圧倒的な表面硬度を誇り、驚異の耐薬品性と高放熱効果を兼ね備えた次世代のコーティング。
通常の塗装より傷つきにくいため、一丁ずつ異なる特別な模様も長持ちします。
焼付塗装独特のカラッとした手触りは一般の塗装で味わえるものではなく、触れたときの満足感も高めてくれます。)

フレームにはヴィッカース・エリートパターンとヴィッカース・タクティカルロゴをレーザーステッピングで入れられています。印象的なサムパッドのWilson Combatロゴも再現されています。


スライド上部には、サイティング時の反射防止となる特徴的なスライドトップセレーションも、彫刻で再現されています。

フロント、リアサイトはノーマルタイプなので集光アクリルタイプのサイトに交換したいところです。

残念ながらVickersグリッププラグは付いていません。

内部メカは、VFC GLOCK17 Gen5と一緒なので動作性能も折り紙つきです。

今回はおもに外観の紹介でしたので、参考程度ですが室温23℃、0.2g弾で72mくらいでした。

今回コンプリートで買ったことにより、カスタムパーツで組むよりもかなり安く済んだと思います。

WEベースの物も有るみたいですが、VFCの最新のブローバックユニットはかなりオススメなのでVFCベースの方が間違いないと思います。

少量しか出回らないと思うので、在庫が有るうちに購入されてはいかがでしょうか?w

参考になれば幸いです。

BCSミリタリーワールドさんのAmazonのリンクです。(GLOCKが販売されていなかったので、サプレッサーのリンクを貼り付けていますが、色々他では無い商品も扱ってらっしゃるので覗いてみてはいかがでしょうか?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。