"> ');

KSC M4A1 GBB Ver1 ホップチャンバー(新型チャンバーVer2)カスタム




今回は、某オークションサイトで格安で手に入れたKSCのM4A1ガスブローバックガンをカスタムしていきたいと思います。

安かった理由としては現行モデルでは無くてM4A1の Ver1タイプだからだったのですが、内部メカやマガジンの挿入口などからほとんど使用した形跡が無い、非常に状態の良い商品でした。

Ver1と言えばアッパーレシーバーがモナカ構造であったり、ホップシステムが古いシステムなどの問題が有りますが、カスタムすれば何とかなるのではと思い安さに釣られて購入することにしました。w

最初にもっとも問題が有りそうなチャンバーからカスタムしていきます。

どうせ新型チャンバーにするのであれば、メイプルリーフから出ている新型チャンバー用のカスタムパーツを使うことにします。

ホップアジャスターとホップパッキン、ホップテンショナー、オーリングのセットです。

フロント周りを外していきます。

デルタリングを外してアウターバレルを抜きます。

アウターバレル上下に有るイモネジを緩めると、チャンバーユニットを抜くことができます。

プラスチックのクリップを外すとチャンバーが分解できます。小さな金属のボールに注意してください。

旧チャンバーからは上の画像の2点のパーツだけ使います。

新型チャンバーシステムにするにはインナーバレルを新型に交換する必要が有ります。

上が旧型で下が新型のインナーバレルになります。互換性が無いのが分かりますね。

メイプルリーフのパーツには説明書が付属していないのですが、こんな感じで組み立てます。

オーリングをどこに付けるのか悩んだのですが、ホップパッキンの前の溝にはめ込んでホップダイアルのガタつきを取るのに使うようです。

組み立てで注意が必要なのは、ホップパッキンにホップレバーの付いているスリーブを被せるのですが、先にホップパッキンにスリーブを被せるとインナーバレルに取り付けるのが難しいので、ホップパッキンを先にインナーバレルに取り付けてからスリーブを被せるようにした方が組み立てやすいと思います。

最後にクリップをはめて新型ホップチャンバータイプの完成です。

最初はホップチャンバーの交換だけでできると思っていたのですが、インナーバレルも新型タイプに交換しないとダメでした。

これで無事にKSC M4A1 Ver1のホップチャンバーをVer2に変更することができました。

外観もアウターバレルの分割部分を外してCQBタイプにしました。(アウターバレルにはネジロックが付けられていたのでコンロで炙らないと外れませんでした。w)

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。