"> ');

Recover Tactical グロック カービンキット




今回は、ピストルに取り付けてライフル銃並みに命中精度を向上させる支持具「スタビライジングブレース」として販売されている、リカバータクティカルのグロック用スタビライザーキットを取り付けていきます。

このリカバータクティカルのキットは実銃対応のキットになっているので、レプリカでは無くて実物ということになります。

そこで取り付ける対象となるグロックはリアルサイズのVFC GLOCK19Xに決定しました。

早速、キットを見ていきます。

本体の他にマガジンホルダー(フォアグリップ?)、バンジーコード、チャージングハンドル、ホルスターアダプター、専用ホルスター、説明書が入っています。専用ホルスターまで入っている豪華セットです。

組み込みは至って簡単にできます。

チャージングハンドルは先に付けておいた方が良いと思います。チャージングハンドルはチョットだけ加工が必要になります。

チャージングハンドルはそのままではフレームに干渉するのでカットして紙ヤスリで整えておきます。

こんな感じで取り付けるのですが、フレームとあたる部分をカットしたことにより固定が甘くなるので、チャージングハンドルのスライドに接触する部分に3Mの両面テープを貼り付けて補強しています。

ストックを折りたたんだ状態で本体が開くので、グロックのトリガーガードの部分とフレーム後端を合わせて嵌め込みます。

綺麗に収まったらトリガーガードの前の部分を付属の六角ネジで固定します。

VFCのグロックの場合、ネジを締め込むとほぼピッタリで隙間もほとんど有りません。

たぶん、このタイプの取り付け方法であれば、マルイなどのグロックgen3などでも問題なく取り付けることが出来ると思います。(チョット隙間ができるかもしれませんが?)

前方にマガジンホルダーを付けて完成です。

付属していた専用ホルスターをベルトに取り付けてみます。

ホルスターに入れた状態ですが、ベルトを装着して動いても全然大丈夫な感じでした。

付属のアダプターを別のグロックに取り付けると専用ホルスターに納めることが出来るようになります。

なかなか綺麗に収まります。

今回、ご紹介したキットは実銃対応ということでそこそこお値段もしますが、各部分の剛性などはレプリカとは一線を画す商品となっており、さらに付属品も沢山付いてきてホルスターまで含まれている事を考えるとお買い得ではないかと思いました。

ドットサイトのマウントは別売となっております。

グロックG17とノーマルマガジンの組み合わせも良い感じです。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。