"> ');

WE TECH MP5 RAS ハンドガード交換




今回は、またまたハンドガード交換をしていきたいと思います。交換するのは、WE TECH のMP5です。MP5は購入してすぐにタクティカルライトの付いているハンドガードに交換していたのですが、最近海外の実銃画像などで、M4の民間バージョンのARライフルに続きHKもMP5の民間バージョンに力を入れているようで、色々なカスタムをされたMP5の画像があがっていて、オールドスタイルも良いけれど民間バージョンの現代風もいいなぁと思い出したので、ハンドガードのRAS化をすることにしました。

パッケージ

VFCから販売されているMP5 RASハンドガード KACタイプです。一応VFCのMP5用なのですが、WEでも大丈夫だろうと見切り発車しました。

ハンドガード本体の他に、六角レンチ2本とKACタイプのレールカバーとハンドガードのピン(ナット付き)が付属しています。

このKACタイプのレールカバーの外し方が分からなかったのですが、ロック部分を押し込むことでロックが解除され押しながらスライドさせると外せます。(笑)

右端の部分がロックされてます。

取り付け

ハンドガードの前のピンを外してハンドガードを前方を下にして外します。

ハンドガードを交換するにあたってRASハンドガードは金属製なので、フロントサイトやマズルを一応外しておきます。接触するとアウターバレルにキズが付きそうなので。

ハンドガードの後端にある金具を銃のアウターバレルの根元の部分に引っ掛けて下の六角ネジで固定するみたいです。

ハンドガードを取り付けていきます、アウターバレルの根元チャンバー前にハンドガードの金具を引っ掛けてからハンドガードに付属のピンを入れてハンドガード下の金具のネジを締めこみます。

最後にハンドガードのピンをナットで止めていきます。

これでガッチリとハンドガードは取り付けられました。ハンドガードのピンをナットで固定するためかノーマルのハンドガードよりも剛性は上がりました。

これで、20mmレール対応のアクセサリーを取り付けられるようになりました。とりあえずフォアグリップを取り付けてみましたが、3面レールなので結構コッキングハンドルとのスキマが目立つ印象ですね。

ウェポンライトとかも、取り付けてみたいと思います。

ライトやらサプレッサーを満載で取り付けて余ったレール部分に付属のレールカバーを取り付けてみました。下の写真は変身前のオリジナルの姿です。

随分と印象が変わるものですね、RASハンドガードにしたことにより最近のMP5の民間バージョンのようにタクティカルなイメージになったと思います。

最初はVFCのMP5用のハンドガードだったので、取り付けできるか心配していたのですが加工も一切なしでポン付けできました。

ハンドガードにアクセサリーを取り付けた状態でもガタつきなども無く、WE純正品のようにピッタリと収まりました。

MP5の簡単イメージチェンジには、もってこいの商品だと思います。WE以外のメーカーでも対応できる物もあると思いますので良かったら参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。