"> ');

WE TECH HK416 ハンドガード交換




前回、HK416Cのストックを交換したことによりハンドガードを長い物に変えても全体のバランスがとれるようになったので、416Cの4面レールから軽量なMロックタイプに変更しようと思ってパーツ探しをしました。

最初はHK416デルタカスタムのように、Geissele SMRタイプの10.5インチに変えようと思っていたのですが、WE TECH用が欠品中だったのでDaniel Defenseタイプのハンドガードに交換することにしました。

このDaniel Defenseのハンドガードは米軍の特殊部隊DEVGRUでも使用されているとのことです。エアガンをカスタムする上でこう言う情報はパーツ選びの重要な要素になりますね?(笑)

パッケージ

ハンドガード取り付けリング、20mmレール2枚が付属しています。本体は非常に軽量です。

取り付け

アウターバレル固定用のリングナットを締めてアウターバレルを固定します。

ハンドガード取り付けリングにはガスチューブが干渉しないように加工されているので、ガスチューブをアッパーレシーバーに差し込みリングの加工された部分を上にしてアウターバレル固定ナットに取り付けていきます。

後はハンドガード取り付けリングを付属のナットで固定します。

ハンドガード本体をアウターバレルに被せハンドガード取り付けリングの窪みにボルトネジで固定します。20mmレールは必要なところに先に本体に取り付けておいた方が無難です。

外観上は以上で完成です。

まとめ

HK416Cのレールハンドガードと比べて、Daniel Defenseのハンドガードを取り付けてみて見た目もですが、持った感じかなり軽くなりました。

剛性の方もガッチリと取り付けられガタもノーマルのハンドガードより良くなったくらいです。

本来ならばハンドガードを取り付けするのに、ガスブロックの加工をしなければダメだったのですが、ガスブロックに付いているスイベルリングを削り落とさないとハンドガードが入らなかったため簡易的に取り付けをすることにしました。

ガスブロックの加工をしてしまうと、HK416Cに戻そうと思った時に戻せなくなるので今回は見送りました。

若干リアル感にはかけますが、外観上はほとんど気になることも無く実用上も問題有りません。

それと、やはりHK416Cのストックパイプを交換したことによって、アウターバレルの延長やハンドガードの交換などのカスタムもできるようになりパーツ変更の選択肢が増えました。

HK416Dをコンパクトにするカスタムはよくあるのですが、HK416Cをロングタイプにするカスタムは見かけ無かったのでどうなるかなと思っていたのですが、今回ハンドガードもDaniel Defenseに交換して一見HK416Cがカスタム前の銃だとは、とても思えないほどバランスの良いスタイルになったと思います。

HK416Cのカスタムに伸び悩んでいる方は、一度試されたらいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。