"> ');

WE TECH HK416C ストック交換




WE TECH HK416Cを色々カスタムしていたのですが、HK416CはHK416Dに比べて外観のカスタムの選択肢に限界があり、コンパクトタイプを買ったもののやっぱりカービンサイズがいいなぁと思い、もっとも特徴的なワイヤーストックを交換することにしました。

HK416Dをコンパクトタイプにすることはよくあるパターンなのですが、逆はあまり聞いたことがないので事前にネットで調べてみたのですが、情報が無かったので自ら実践することにしました。

さっそく、パーツの選択からスタートしていきます。

SAA MAGPULタイプCTR Gen2ストックDE、5KU 6ポジションストックパイプ、WE M4/M16/HK416バッファーNo93をストライクアームズさんより購入することにしました。

特にストックパイプはどれでもいいと言うものではなく、ガスブローバックガンに対応しているものを選ぶ方が無難です。5KUの商品の場合GBBに対応していてブローバックのストローク量を調整できるラバー製エンドバッファーが大中小の幅の3種類が付属してきます。

リコイルスプリングもHK416Cのものは短いので、HK416Dの長いものを使います。私の場合HK416Cを購入した時になぜか416Dの長い方のリコイルスプリングが入ってました。

ワイヤーストックをM4レンチを使って外します。

ストックを外す時に、画像のストック基部に有るテイクダウンピンの抜け止め防止の部品に、テンションをかける小さなスプリングががありますので、ストックのロックナットを緩めてスイベルプレートを外す時に注意が必要です。

ストックパイプをレンチで取り付けます。この時もピン抜け止め防止のスプリングに注意して組み込みしていきます。

ストックパイプに付属していたエンドバッファーを入れて、リコイルスプリングバッファーを組み付けていきます。

ゴム製のエンドバッファーの一番幅広のサイズだけ残しました。

ストックパイプに付属している3個のエンドバッファーですが、銃によってボルトのストローク量を調整しなくてはいけません。

最初はエンドバッファーの1番幅広のもの1個をストックパイプに入れて作動させたのですが、ストローク量があり過ぎてボルトがオーバーランしてしまいました。

色々エンドバッファーを入れ替えて試した結果、中と小の幅のバッファーの2個入れることでボルトストップもかかりブローバックも快調に作動するようになりました。

エンドバッファーの太さと数はリコイルスプリングの強さや長さによっても変わってくると思います。

ストック交換前と交換後、アウターバレルも延長したのでHK416Cのコンパクトタイプからフルサイズ?のHK416になりました。W

HK416Dとはハンドガードの長さやロアレシーバーなど、細かい点は違いますがストック交換により簡単に雰囲気を変えることができるので、おすすめのカスタムだと思います。

それとカービンサイズになったことで、ハンドガードも流行りのMロックタイプなどの長いものでも、バランスが取れるようになりカスタムの幅が広がるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。