"> ');

VFC G19X トリガー交換




今回は、前回に引き続きVFC G19Xのトリガーをカスタムパーツに交換していきたいと思います。VFCのグロックGen5のトリガー交換の情報が少なかったので、人柱になってみようと挑戦することにしました。

使用するのはGuns Modifyから発売されている、GLOCK KIスタイル アジャスタブルトリガーBKです。適合機種は東京マルイのグロックとUMAREXグロックになっています。

トリガー本体、トリガーセフティー3色、取り付けピンが付属しています。

通常分解をしてフレームを分解します。

スライドロックレバーにテンションを掛けているコイルスプリングを、マイナスドライバーなどで押し下げて抜いていきます。

コイルスプリングを飛ばさないように、気を付けてはずします。

次に、フレーム左側からトリガーピンをポンチなどで叩いて抜きます。

トリガーピンはローレット加工がされているので向きに注意して抜きましょう。

次にプラスネジを外して、フロントシャーシーを外します。

フロントシャーシーを外すと、スライドストップレバートリガースプリングが外れます。

後はハンマーハウジングピンを左側からピンポンチなどで叩いて抜き、ハンマーハウジングの上のプラスネジを緩めて取り出します。

トリガーバーを曲げないように、注意してトリガーパーツをハンマーハウジングから外します。

トリガーの上のピンを抜くとトリガーバーが外れます。

このトリガーバーを取り付けているピンも方向が有るので注意してください。

カスタムトリガーと比べてみます。

トリガーピンが入る部分がカスタムトリガーの方が1mmくらい厚いようです。

このままでは、スライドストップレバーが入りません。

ヤスリでスライドストップレバーが入るように、削っていきます。トリガーにキズが入らないようにマスキングテープを貼っておきます。

トリガーにスライドストップレバーを付けて、スムーズに動くことを確認して逆手順で組み立てていきます。

トリガーバーとトリガーセフティーのピンはキットに付属している細いイモネジを使いました。

トリガーの後方に、遊び調整用の小さいイモネジを入れる部分が有るので、トリガーを組み立てるときに忘れないようにしてください。

ポン付けとは行きませんでしたが、何とか付けることが出来ました。

事前にG19Xのように、アンビタイプのスライドストップレバーのグロックのトリガー交換の情報が無かったので、現在カスタムトリガーとして発売されている物は、グロックのGen3用だとおもいます。

小さなパーツですが意外と目立つんですよねトリガーって、これでG19Xカスタムの完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。