"> ');

マルイM870ブリーチャー修理




マルイのブリーチャーなんですが、以前からコッキング時にチョット引っ掛かるような感じが有り気になっていたのですが、いよいよハンマーが落ちなくなる症状があらわれて来たので分解修理をすることにしました。

購入した時から給弾不良なども起こしていたので、分解するついでにパーツも交換していきます。

どこが悪いのか分からないので、取り敢えず入手できるパーツを購入しておきました。

分解していきます。

レシーバーカバーを外す時に2本のスプリングに気を付けます。

レシーバーのネジを外して分解します。この時ネジの種類と長さが違うのでネジの位置を覚えておきます、私は右側のレシーバーにネジを戻しておきました。

詳しい分解方法は先人たちのブログなどに記載が有るので省略しています。😅

今回もJing Gong製のM870用のパーツを使っています。手軽にAmazonで売っているので助かります。w

上のローディングノズルがJG製、下がオリジナルです。

トリガーも上がJG、下がオリジナルになります。

両方共に問題なく使えそうです。

オリジナルのパーツも特に変形などは無かったので、故障の原因では無さそうです。

色々と調べていてトリガーが落ちないと言うことは、左側のシャーシーに組み込んで有るトリガーとシアーをコントロールしているパーツが怪しいのではと思い、以前交換して残していたオリジナルのパーツと比較してみると、かなり摩耗していることに気付きました。

上が正常な状態で下のカムが摩耗してるのが分かります。

このパーツを交換してトリガーボックスを仮組みしてテストした所、正常にハンマーが落ちることを確認しました。

パーツの下にスプリングが入っているので、忘れないように注意してください。

今回、組み立てるにあたってOリングも全て新しくしたのでサイズの方を記載しておきます。

ストックアダプターとのジョイント部分は上下6X2のOリングが2本。

ストックパイプ側は21X2.4のサイズのOリングでガス漏れは有りませんでした。

逆手順で組み立ててテストしたらハンマーもちゃんと落ちて、コッキングも引っ掛かりが無くスムーズに動作するようになりました。

チャンバーやローディングノズルの変形、トリガー、シアーの摩耗などを不調の原因だと思っていたので予想外の結果になりました。

同じような症状でお困りの場合、一度確認されたら良いかと思います。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。