"> ');

RWA AGENCY ARMS EXA ピストル カスタム




今回は、前にブログでもレヴューさせていただいた、RWAのAGENCY ARMS EXAピストルのカスタムをやっていきたいと思います。

VFC G19Xのカスタムでも使った、MITAのRMRマウントを取り付けて外観のカスタムと、海外製あるあるのハンマー周りの硬すぎるスプリングの交換を行い、ブリーチもグリスアップをかねて分解調整をしていきたいと思います。

HOLY WARRIORのRMRとMITAのファイバーオプティクス付きのマウント(VFC用)ですが、ポン付けはできません。加工はG19Xの時と一緒でリアサイトにハマるマウントの出っ張りが全然合わないので削っていきます。

ちょうどいい高さまで削ることができれば、取り付ける時に(写真ではマウントのスライドとあたる部分に布テープを貼っていますが)薄い両面テープを貼り付ける事で、ブローバックの反動でマウントが左右にずれるのを防いでくれます。

集光アクリルをカットして両端をライターであぶって止めていきます。

RWA AGENCY ARMS EXAはチャンバー周りは東京マルイのグロックGEN3と同じタイプなので、チャンバーパッキンはKM企画のものに交換しておきました。

スプリングガイドはCAW CAWテクノロジーのマルイグロック17GEN3用を使っています。

ハンマーハウジングを分解して、各スプリングを東京マルイと同等のAIPのスプリングセットの物と比較してみました。左側のスプリングがRWAの物になります、VFCのグロックの物と同じくらいの硬さの物が入っていました。(この3点のスプリングを交換することで格段に作動性が良くなります。)

マウントを取り付ける前にブリーチも分解してグリスアップをしておきます。

VFCのグロック19Xのブリーチと同じ物みたいです。

ローディングノズルのリターンスプリングが引きばねになっています。マルイのグロックよりも組み込みが楽ですね。

ピストンの形状がVFC独自の形になっています。

ピストンカップを前から見た所です、楕円でもなく変わった形状になってます。

ピストンに軽くグリスアップをしてローディングノズルを戻してマウントを取り付けていきます。

マウントに付属しているネジでは長さが足りなかったので、M2X15mmのネジでマウントを取り付けます。

マウントを取り付けて完成です。

今回、分解組立の詳しい内容については、VFC G19Xのハンマースプリング交換の記事などに載せていますので、省略せていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。