"> ');

WE TECH SCAR RGW Mロックタクティカルレールキット




今回はWE TECH SCARのハンドガードをMロックハンドガードにカスタムできるパーツがあったので購入することにしました。SCARはレシーバーもなんですが、ハンドガード部分も重い感じがしてたので何か良いカスタムパーツが出ていないかなと探していたところ、RGW Mロックタクティカルレールキットなるものをみつけ組み込みすることにしました。

パッケージ

こんな感じのプラスチックの箱に入ってきました。

Mロックハンドガードパーツとアウターバレル、チャンバーブロックまで付属している豪華セットになってます。

上がノーマル、下が付属のパーツです。ノーマルのチャンバーブロックはスチール製なのにたいして、カスタムパーツの方はアルミ製です。アウターバレルを固定するパーツも微妙に形状が異なります。

アウターバレルもノーマルがスチールなのにたいして、カスタムパーツはアルミ製になってます。

組み込み

下側のレールパネルとサイドのレール、それとチャンバーブロックを固定しているパーツも取り外します。

ハンドガード先端部分のバレル固定パーツを外すとアウターバレルが抜けます。インナーバレルとチャンバーブロックはハンドガードの真ん中あたりにブロックを外すことができる切れ込みがあるので、ななめ前方に抜くことができるようになってます。

アウターバレルからフロントサイトを外しておきます。フロントサイト横のピンを抜きます。

それと、フロントサイトの前の上にイモネジがありますので緩めれば、フロントサイトがアウターバレルから前方に外せます。

インナーバレルとチャンバーをキットのアウターバレルに組み込みます。

チャンバーブロックの前に付いているアウターバレル固定ネジでチャンバーの位置調整をしてロックします。

フロントサイトを移植してチャンバーブロックの固定を付属のパーツで行います、サイドのMロックのレールも付けておきます。

ハンドガードの延長パーツを取り付けサイドのレールと共締めします。

ハンドガードの下のレールプレートを付けて完成です。

まとめ

取り付け自体はそんなに難しい事は無いのですが、チャンバーブロックとチャンバーの調整が非常にシビアでキットをそのまま組み込み試射したところが、弾ポロが発生したためチャンバーブロックのロックネジで位置調整をしましたが、なかなかセッティング出来ませんでした。ゆっくり時間をかけて調整すれば、改善されると思います。

キットを組み付けてみた感じはハンドガードがスリムになり、握りこみやすいようになりました。外観的にもスリムになってバランスがよくなったと思います。

それと、キットを組むことによりノーマルのスチール製のパーツ類がアルミ製になることになるので、本体の重量がかなり軽くなりました。

ローディングノズルとチャンバーの位置調整さえキッチリと出来れば、外観的にはSCARのスタイルをスリムに軽量化して取り回ししやすいようにできるカスタムパーツだと思います。

チャンバーの位置調整というシビアな作業をしなければならないので、上級者向きのカスタムキットになるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。