"> ');

WE TECH HK416C ローディングノズル交換




WE TECH416Cの調子が悪く、弾ポロすることが多くなってきたのでローディングノズルを変えてみようと思い部品を物色していたところ、ストライクアームズさんでANGRY GUNポリマー製MPAローディングノズルなるものが販売されていたので、購入することにしました。

さっそくローディングノズルの交換をやっていきます。今回はついでにボルトを完全に分解してグリスアップもしていきたいと思います。

パッケージ

このローディングノズルですが、純正と同じポリマー製で重量も16gと軽量でRA-TECH製のNPASに似たコンセプトの製品で、バルブ位置の調整をすることでガスの流量をブローバックの作動側と発射側に調整できる機能があります。

この機能により夏場の気温が高いシーズンの初速や、気温が低い時のブローバックの作動の安定などをコントロールできるようになってます。

ローディングノズル本体と調整用の六角レンチが附属しています。

分解

テイクダウンをしてボルトを取り出します。

ボルト中央のローディングノズルのリターンスプリングを止めているピンを抜きます。ピンはローレットピンになってるので細い方からピンポンチなどで抜き取ります。

ガイドローラーのネジを緩めてはずします。

ボルトサイドのカバープレートははめ込んいるだけです。

上がノーマルで下がANGRY GUNのローディングノズルです。みたところ変わりは有りません。

このようにノズルの方から六角レンチを差し込んで調整します。右側に回してブローバック側に左側に回して発射側にガスの流量を調整できます。

ローディングノズルをボルトに入れてリターンスプリングの端の輪っかをピンで固定します。この時もピンの向きに注意してください。

各部のパーツをグリスアップして逆手順で組み立てていきます。

まとめ

ローディングノズルを交換して試射してみたところ、ひんぱんに発生していた弾ポロは無くなりました。やはり弾ポロの原因はローディングノズルの損傷だったみたいです。

それと、バルブ位置の変更も六角レンチで試してみましたが、商品説明のとうりで基本的に初速を上げるというよりも夏場の初速の上がり過ぎやブローバックの作動の安定に使うもののようです。

この機能は、特に夏場のサバイバルゲームでガスガンを使う場合、フィールドが標高の高い所などでは初速が高めにでる場合が多々あるので、初速調整が簡単に行えるのは非常に便利だと思いました。

重量も純正品のローディングノズルと変わらないので、ブローバックの作動にも問題は有りませんでした。

バルブ位置の調整機能が付いていて価格の方も純正品と少ししか変わらないので、ローディングノズルが傷んで交換が必要になった時は、ANGRY GUNのローディングノズルに交換するのも良いのではと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。