"> ');

KSC AKS74U GBB カスタム




今回はKSCのAKS74Uの外装パーツの交換をしていきたいと思います。。

交換するパーツはLCTから発売されているTX-3ハンドガードと、オリジナルのスケルトンストックからAK74Mに付いている折り畳みストックに交換することにしました。

早速、取り掛かっていきます。

フラッシュハイダーと14mm逆ねじアダプターを外します。フラッシュハイダーは正ねじになってます。

次に下側の六角ネジを緩めてフロントサイトブロックを外します。

フロントサイトブロックを外すと、ハンドガードリテーナーが外せます。

これでアウターバレルだけになりました。一応、通常分解をしてボルトアッセンブリーは取り外しておきます。

LCTの部品が欠品中で中古品を使っているのですでにキズが入っています。w

付属のプレートの凹みの深い方を、ハンドガードの下側にネジ穴を合わせてセットしておきます。

アウターバレルをプレートで挟み込んで固定するのですが、KSCのAKSに取り付ける場合そのままではバレルの径がほそくて止めることが出来ないので、上のプレートにアルミテープを貼り付けて調整します。

私の場合、アルミテープ5枚貼りました。

この時、アウターバレルの方にテープなどを巻く方法をされている方がいますが、そうするとハンドガードの取り付け位置が微妙に下側になりガスチューブがアッパーハンドガードに接触する場合も出てきます。

こんな感じに取り付けできます。(ボルトが1本違っていますが、中古品なのでw)

アッパーハンドガードをサイドレールの六角ネジで取り付けて完成です。

取り外しておいたフロントサイトブロックなどを元に戻します。

今回はハンドガードのリテーナーは取り付けていません。

ストックの交換はトップカバーを外してストック基部のピンを上から抜いて取り外して交換します。

こんな感じになりました。

事前の情報通り、LCTのTX-3ハンドガードはKSCのAKS74Uにほぼ無加工で取り付けることができました。

前回カスタムしたKSCのAK74MのZENITハンドガードなどに比べて、簡単にカスタムできるので加工が苦手な方にもオススメの商品です。

ご参考になれば幸いです。

後日、改めてフロントリテーナー部分も取り付けてみました。

やはり、ハンドガードとリテーナーの隙間が気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。