"> ');

ACE1 ARMS RMRタイプドットサイト&Dueck Defenseスタイル1911用RBU




レプリカなんですが、以前から気になっていたACE1 ARMSのRMRタイプのドットサイトが手に入ったので、そちらのレヴューとドットサイトに付属してくる1911用のダイレクトマウントの取り付けをやっていきたいと思います。

このRMRドットサイトには1911ガバメント用のマウントの物とグロック用のマウントの物が有ります。

マウントはDueck Defenseスタイルの物が付属してきます。

比較のRMRが色違いしか持ち合わせていなかったのですが参考までに比べてみました。タンカラーの物はノーブランド品になります。

ACE1 ARMSの物は民間用の刻印モデルだと思います。レティクルの調整スクリューが黒染めされているのがグッドポイントですね。

裏面はほとんど一緒だと思われます。

レンズは結構青色がキツイ印象です。ドットのサイズは3MOAくらいかと思います。

輝度調整は5段階で機能面ではノーブランド品と変わらない感じがしました。

外観は悪くは無いってところです。

それではマウントの方を見ていきたいと思います。先ほども触れたんですが付属しているRBUマウントなんですが、グロック用のマウントは色々と出ているのですがガバメント用は数が少なくて、ましてやRBUタイプは珍しいのでそれが購入する理由になりました。

先日カスタムしたマルイのハイキャパにRMRを載せてみようと思っていたので、ACE1 ARMSのマウントで試してみることにしました。

ファイバーはグリーンの物しか付属していなかったので、手持ちのレッドのファイバーをフロントに付けておきました。

商品説明ではマルイ1911ガバメント用でMEUなどに取り付けるとスライド形状が違うのでガタが出ますとの記載がされていました。

ハイキャパもMEUなどと同じリアサイトのスクリューがブリーチに留まっているタイプなので、付ける事はできるのではないかと思います。

ハイキャパのスライドは角ばっているんですよね。

3Mの両面テープを貼り付けて仮留めしてみます。

付属のスクリューでスライドに固定していきます。

スライドとマウントの形状が違うので前後から見ると少し隙間が有るのが分かるのですが、横からは違和感無く収まっています。

マウントの方を削る気満々だったのですが、取り付け自体はカッチリとガタ付きなども無く大丈夫な感じでした。

100発ほど撃ってみても特にぐらつく事も無く実用上問題なさそうです。

ドットサイトをスライドにダイレクトマウントすると、どの専用マウントでもネジの緩みには気を付けた方が良いので、それさえ注意すれば充分に使える感じで取り付けることが出来ました。

なんか、チョット拍子抜けしました。

ハイキャパ5.1に取り付けた場合スライドの後端が低くなっているので、画像のように隙間が出来ますが実用上は4.3同様に問題なく付けることができました。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。