"> ');

KSC M4A1 GBB Ver1 カスタム2 (FBI HRTカスタム)




前回、ホップチャンバーをVer2にカスタムしたKSC M4A1なのですが、ハンドガードのガタつきが気になっていたので、せっかくなのでフリーフロートのハンドガードに交換することにしました。

今更感満載なのですが、FBI HRT M4カスタムにしようとODカラーのGeisseleのハンドガードを購入することにしました。

HRT M4カスタムもKSCのM4ではあまり見かけないので、ハンドガードの接合具合などをご紹介出来ればと思いカスタムすることにしました。

ハンドガードを外します。

フラッシュハイダーとフロントサイトブロックも外していきます。

デルタリングをレンチで外します。

フロントサイトブロックからガスチューブを外しておきます。

今回購入したGeisseleのハンドガードとシムです。

A&B Geisseleタイプ Super Modular Rail MK4 M-LOK 9.5インチ ODカラーです。

付属のバレルナットを取り付けていきます。

仮組み立てしてテイクダウンで干渉しないかチェックします。

バレルナットは、スタンダードで付いていたシムだけ取り付けてアッパーレシーバーにピッタリと締め込む事ができました。絶対にシム調整がいると思っていたので、肩透かしでした。w

外しておいたガスチューブをガスブロックに取り付けます。(ガスブロックはNOVESKEタイプ ロープロファイル ガスブロックを使用しました。)

スプリングピンで止まってます。

KSCのM4の場合、ガスブロックがアウターバレルの径の太くなっている所で引っかかってガスチューブの長さが1cmほど足らなくなるので、アウターバレルかガスブロック側を削る必要が有ったのですが、今回は手抜き作業でガスチューブの方をゴムパイプと熱収縮チューブで延長して対応しました。

こんな感じで取り付けることが出来ました。

ハンドガードの側面の六角ネジで調整をして、ロックナットを締め込んでハンドガードを取り付けていきます。

ハンドガードとアッパーレシーバーの接合部分ですが、ハンドガード側が若干1mmほど高いようですが、あまり気になるほどではないかなと思います。

フロント周りを取り付けて完成です。

ご参考になれば幸いです。

よりリアル志向な方はこちらの10インチがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。