"> ');

VectorOptics Forester 1x5x24mm GEN2 ショートスコープ

dav




今回はVectorOptics Forester GEN2のスコープをレヴューしていきます。

スコープ本体、マウントリング、六角レンチ、レンズキャップ、説明書、保証書が同梱されてました。

VectorOpticsというと低価格で品質の良い光学機器を発売しているメーカーですが、このスコープは以前から発売されていたForesterの第二世代にあたるバージョンになります。初代のForesterも非常に評判の良いスコープだったので、GEN2となったこのモデルも期待がもてます。

スペック

倍率1~5倍率
対物レンズ径24mm
接眼レンズ径33mm
瞳径16.0-5.2mm
光学コーティングフルマルチコーティング
73.3-19.9フィート@100ヤード
アイレリーフ115-95mm
長さ260mm
重量425g
ゼロイン調整単位1/2MOA
ゼロイン調整範囲±60MOA
視差設定50m
レティクルガラスエッチングVFD-2
カラーブラックマット
明るさ調整11段階
バッテリーCR2032
耐衝撃性750G
素材6061-T6アルミ合金

初代から改良された点は3箇所です。

スルーレバーがついて素早く倍率変更が可能になりました。

レバーが追加された。

ゼロインする時に調整ダイアルのロック機構が追加されて不意にずれることがなくなりました。

上に引っ張ってロックが解除され調整後に押し込んでロックされます。

コーティングが向上し、レンズの明るさがアップしてます。

実際はもっとレンズの縁は薄いです。

実際に覗いてみて

写真では分かりにくいのですが、実際に覗いた感じはレンズの縁はかなり薄く画像も明るく鮮明です。倍率の変更はすこし硬さがある物のレバーが付いてることでスムーズに変更できます。

倍率を上げていくとしっかりとアイレリーフを安定させないと像がケラれてしまいますが、3倍率くらいまではかなりラフに覗いても大丈夫です。

レティクルはクロスヘアーに中心の部分がレッドに点灯します。炎天下ではイルミネーションをつけていても、確認しずらいです。室内などちょっと暗めの場所では、効果がありそうですがレティクルがMILドットならなお良かったかと。

イルミネーションの輝度調整は11段階です。

実戦投入

サバイバルゲームで使ってみての感想ですが、CQBエリアなどの接近戦では低倍率にしイルミネーションを点灯させてドットサイトのように使い、また屋外フィールドなどでは高倍率に変更してスナイパーとして立ち回ることができました。。

ご存知のようにサバイバルゲームでは屋外フィールドからいきなりCQBエリアに突入することがよくあるので、今回倍率変更のレバーが追加されたことによりそれらがスムーズにできるようになり、使いがってがすごく良かったです。

それと、ゼロイン調整もダイアルを引っ張ってロックを解除して終わったら押し込んでロックするだけなので簡単に調整できてゲーム中でも大丈夫でした。(調整ダイアルが蓋付きのものだとこうはいきません)

参考までにサバイバルゲームで被弾するのが嫌だったのでポリカーボネートのレンズ保護カバーを付けました。

バトラーキャップにポリカーボネートの保護板をはめ込むタイプです。

まとめ

VectorOptics Forester GEN2 ショートスコープですが、レンズも明るく鮮明でアイレリーフも長いので非常に使いやすいうえ価格帯も1万円台とリーズナブルでサバイバルゲームで使うには充分の性能がありました。

また、質感や操作性も初代と比べて進化しており流行りのショートスコープ市場でも人気のでる商品になってるのではと思います。スコープの購入を検討されていましたら候補にいれてみてはいかがでしょうか。

次世代AK102スナイパー仕様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。