"> ');

VFC GLOCK GEN4 カスタム(MITA グロック スライドセット)




今回は、Amazonで安く売られていたMITAのグロック用のスライドセットを入手したので組み込んでいきたいと思います。

アウターバレルとAgency Arms風のスライドのセットがアウターバレル1本分くらいの価格だったので、後先考えずに購入してしまいました。w (すぐに売り切れになっていました。)

一応、商品説明文ではVFCのグロック17用としか記載が無く、どのジェネレーションに対応しているかは分かりませんでした。

届いたパーツを確認してみたら、どうやらVFC グロック17 のGEN4に取り付け出来そうな感じです。

VFCのグロックシリーズを見て消去法でGEN4だと思いました。

アウターバレルだけでも使えれば良いかなと思っていたのですが、無加工では取り付けることが出来ませんでした。

チャンバー下側の形状をノーマルアウターバレルに合わせて削ります。

上がノーマルで下側がMITAのスライドです、すでにブラックスチールで塗装しかけてます。

この時点ではスライドの形状は問題無さそうでしたが。

空のスライドをGEN4のフレームに嵌める事は出来るのですが、アウターバレルやブリーチなどを組み込むとフレームに取り付けることが出来ません。

アウターバレルは加工して問題ないことを確認出来ているので、スライドにブリーチだけを取り付けてフレームに嵌めてみたところ、ブリーチがハンマーに干渉して動きを妨げているみたいです。

スライド上部のブリーチが当たる部分を削って高さの調整をしていきます。取り付けたブリーチがレールのギリギリの高さになるまで上の画像の丸印の部分を削ります。

スライドにアウターバレルやチャンバーを組み込んで、フレームに嵌め込み摺り合わせを行ってスムーズに動くように調節します。引っ掛かりが無くなって来たらグリスアップをしておきます。

何とかVFC G17 GEN4に組み込んでスムーズに動くように出来上がりました。

元々のスライドはシルバーだったのですが、先日ブログ記事でご紹介して余っていた3Mのラップフィルムを使ってマルチカムブラックにしてみました。

エージェンシーアームズ風にステップリングも行ってなかなか良い感じになったと思います。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。