"> ');

KSC AKS74U カスタム3(ショートストローク ボルトキット組み込み)




今回は前回に引き続き、たまたまKSCのAKのカスタムパーツが手に入ったので、AKS74Uの方に組み込んでいきたいと思います。

パッケージにFALCONと記載されていますが、どちらのメーカーかよくわかっていません。

商品名はFALCON ショートストロークボルトキット KSC/KWA AKG-KTR-03 GBB となっていました。

内容物はバッファーとスプリングが2本です。説明書が一切無いので、どこで使うスプリングなのかハッキリしませんが、1本はローディングノズルのリターンスプリングだと思います。

短いスプリングの方はどこで使うのかまだ分かっていません。w

今回は、取り敢えずリコイルバッファーだけを交換して様子をみたいと思います。

15mmほどバッファーが長くなってます。

バッファーのピンを抜いて付け替えます。

銃に取り付けると結構ストロークが短くなりました。

動作に問題が無いか一通りチェックしていきます。

動作チェックしてみると、最初はセミオート位置でバーストになったりしたのですが、何回か動作させているうちに、しっかりとセミオートで撃てるようになりました。

フルオートのポジションでも問題なく作動できました。

今回は、ローディングノズルのリターンスプリングを交換していなかったので、それが原因でバーストになったのかも知れません?(リターンスプリングはたまに切れることが有るので予備パーツとして取っておきたかったので)

それと、まだ残った短い方のスプリングの使い道が分っていません。

今のところ問題無いので、放置していますが。w

ショートストローク化した事で、セミオートの切れも良くフルオートのサイクルもSMGなみになりました。

またマガジンの冷えにも強くなっていると思うので、サバイバルゲームでもより使いやすくなっていると思います。

デメリットとしては、やはりブローバックのリコイルは若干弱く感じるようになりました。

KSCのオンラインショップから、リコイルスプリング、バッファー1式をパーツで取り寄せて気温や使用用途によりすぐに交換できるように、ワンセット予備を作っておきました。

KSCのオンラインショップはパーツ類もスピーディーに対応してくれるので助かります。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。