"> ');

WE TECH HK416(M4) ガスブローバックガン 快調作動 カスタム




今回は、以前カスタムレヴュー記事を書かせて頂いた、WEのHK416が試行錯誤の結果、現在快調に作動しておりますので、改めて現在のセッティング内容を記載させていただきます。

WEのM4系全般にも使えるので、WE愛好者の皆様のご参考になればと思いブログ記事にする事にしました。

私の持っているWE HK416はもともとはHK416Cをベースにストックやハンドガードを交換している物になります。(外観のカスタムに関しては、以前のブログ記事をご参照ください。)

今回は、実際にサバゲーなどで使用してみて不具合が出てきた箇所を調整してみました。

WEのM4系(M4、HK416シリーズ)のガスブローバックガンは、使っているうちにチャンバーの閉鎖不良やボルトストップが掛からないなどの不具合がよく起きるようになります。

私のHKの場合も、立て続けに不具合が発生しました。最初はボルトストップが掛からなくなったので、ボルトストップレバーを交換し、治ったと思ったら今度ははボルトキャリアが破損しました。

やっと落ち着いたと思ったら、今度はセミオートがバースト状態になってしまうと言う始末です。

あまりにも故障が続くので、ほとほと嫌気がさした時期も有りましたが、根気よく調べては調整の繰り返しをして、現在はサバイバルゲームでも活躍できるくらいに快調に作動するようになり、先日も丸一日サバゲーで使いましたが閉鎖不良は1発も有りませんでした。

早速ですが変更調整した所を書いていきます。

まずはロアレシーバー側からですが、セミオートの不調はハンマーとトリガーの摩耗により起こっていました。この部分は部品の交換しかないので、ハンマー、トリガー、シアーをRA-TECHのスチール製の物に交換しました。ハンマースプリングはストライクアームズさんから出ているオリジナルのノーマルの硬さの物に交換しています。

ボルトストップレバーもスチール製の物に交換して、画像の丸印の部分にガタ取りの小さいシムを挟んでいます。(0.2mmのシムを入れてガタはほとんど有りません。)

ボルトキャリアはスチール製ではないのですが、ローディングノズルが斜めにカットされている海外仕様の最新の物に交換しています。

マガジンハウジングの前側にアルミテープを貼り付けマガジンのガタつきを少なくしました。

WEのM4系はチョット使い込むとマガジンのガタつきが発生して給弾不良が起こるようになります。給弾不良の原因としては、マガジンのガタつきやローディングノズルの戻りが遅い時にも発生するようです。(マガジンリップの変形も給弾不良の原因となります。)

ローディングノズルのガイドにはグリスでは無くてシリコンスプレーの方を使うのが良いと思います。

マガジンの方もボルトストッププレートをスチール製にしています。(前にブログ記事にしています。)

それと、インナーバレルはPOSEIDONでチャンバーパッキンはマルイ純正を使っています。(以前チャンバーパッキンにメイプルリーフなどのホップ長掛仕様の物も使いましたが、セッティングが難しく弾ポロを起こします。)

この仕様で、30mのマンターゲットの上半身には余裕で当たります。

トリガーフィーリングもGHKのM4と比較しても遜色がない感じになってます。(トリガーASSYをスチール製にしているので当たり前かも知れませんが。)

それと、リコイルなのですが先日GHK、VFCと撃ち比べてみたのですが、リコイルの切れの良さはWEのほうが有るように思いました。(WEはノーマルではないので比較にはならないかもしれませんが。)

以上が現在の私のWE HK416のセッティングでした。

WEのM4ガスブローバックガンをお持ちの方の参考になれば幸いです。

ノーマルのHK416Cから随分と変わってますね!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。