"> ');

GHK AKMSU GBB カスタム




今回は、先日購入したGHKのAKMSUの外装パーツの交換をして、チョット近代化カスタムをしていきたいと思います。

カスタムするのは、特徴的なロアハンドガードとフラッシュハイダーを交換することにしました。サムホールタイプの木製ハンドガードは何とか残してカスタムしようと思っていたのですが、ロアハンドガードを交換しないとカスタムの選択肢が凄く狭まるので、思い切って交換することにしました。w

LCTのZenit B11タイプハンドガードとZenit DTK-2タイプマズルブレーキです。

基本的にLCT製なのでGHKのAKにもポン付けできます。

ハンドガードを外します。私の場合、アッパーハンドガードをガスチューブレールタイプにカスタムしていたのでひと手間掛かります。

B11ハンドガードには本体レシーバー前に引っ掛ける金具が2個付いているので、GHK以外のメーカーにも対応しているかも知れません?(金具の高さが付属している物の方が若干高くなっていました。)

GHKの場合、最初から付いている金具の方がピッタリと収まります。

ノーマルのハンドガードも左右にガタつきが有ったのですが、こちらのB11ハンドガードもそのままではガタつきが出るので加工しておきます。

前後にガタつきが有ったので、ハンドガード前側にブリスターパックの端の部分を両面テープで貼り付けます。(なんか、雑な作業をしてますね。w)

ハンドガードの後部、アウターバレルの基部にあたる部分にも左右のガタつきを抑えるために、こちらはアルミテープを重ねて貼っていきガタが無くなるように調整します。

プラ板でも良いと思うのですが、ハンドガードをはめ込む時にキズが付きそうなのでアルミテープで調整しました。

マズルブレーキは24mm正ネジに対応しているので、ノーマルのフラッシュハイダーを外して付け替えるだけですが、ご覧のようにインナーバレルがマズルブレーキの先に面一まできてしまいます。

気になる方は、インナーバレルのカットが必要になります。インナーバレルが飛び出しはしていないので今回はそのままにしておきます。w

アッパーハンドガードはノーマルの木製のアッパーに戻してみました。一部だけ木製にすることで良いアクセントになったのではと思っています。

フラッシュハイダーもAKMSUのノーマルの物に比べてかなり短くなるので、ストックを折り畳むとイイ感じのショートカービンに変身するので取り回しも楽になります。

AKMSUの独特なサムホールのハンドガードも良いのですが、レールハンドガードもなかなか似合っているのではと思いました。

早速、ドットサイトとフラッシュライトを取り付けてみました。このかたまり感がいいですね!

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Pon Tore
小さい頃から、ミリタリー関係やエアソフトガンが大好きで現在サバイバルゲームにハマっています。 blogは始めたばかりの初心者ですが、サバイバルゲームに関して役立つような記事を書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。