"> ');

東京マルイ M870ウッドストック




今回紹介するのは前回に引き続き、東京マルイのガスショットガンシリーズになります。レミントンM870のウッドストックタイプのレヴューと、社外パーツの取り付けカスタムをしていきたいと思います。

パッケージ

本体、ガスタンクX1、シェル型マガジン、BB弾、銃口保護キャップ、クリーニングロッド、チャージャー、チャージングロッド、取扱説明書

スペック

全長               954mm
インナーバレル長         260mm
重量               2660g(空マガジン、ガスタンク含む。)
口径               6mm BB弾
パワーソース           HFC134a、ノンフロンガンパワー等
装弾数              30発

外観

木目調塗装がされたフォアエンドとストックは、プラスチック製とは思えないほど綺麗に再現されています。質感が非常に良いので、所有欲がみたされますね。w

全体的にはショットガンらしいクラシカルなスタイルになってます。フロントサイトもビードタイプの簡易的な物しか付いてません。

内部メカ

エジェクションポートから3発、6発の切り替えができます。ラピッドファイヤー・システムも搭載されています。(トリガーを引いたままフォアエンドをコッキングすることで、連続発射することができます。)

脱着式ガスタンクはストックパッドをはずして、カチッと音がするまで素早く入れます、ゆっくり入れると盛大にガスが漏れてしまいます。パッドは画像のロックの辺りを、外側からつまむと外すことができます。

ショットシェルには30発のBB弾が入ります。シェル型マガジンは、トリガーガードの前のレバーを押すとカバープレートが開くので、そこからシェル型マガジンを挿入できます。

チャンバーはマルイショットガンシリーズで採用されている、ダブルホップアップシステムになってます。(インナーバレルは3本でホップアップは固定になってます。)

実射

1回目          69.25m
2回目          67.87m
3回目          65,67m
4回目          64.69m
5回目          64.17m

3発発射モード、マルイバイオBB弾0.2g、室温18度、XCORTECH3200MK3で計測。

カスタム

マルイM870のレヴューは、他のサイトにも詳しく有りますので簡単に切り上げて、カスタム部品の組み込みをしていきたいと思います。

今回取り付けるカスタムパーツは、G&Pスペアマガジン・チューブエクステンション、Jing Gong製ショートレシーバーレール、Jing Gong製6連ショットシェルホルダー、G&P M870 バレルQDスリングマウントになります。

レシーバーレールと6連シェルホルダーを組み立てます、レシーバーレールにプラスネジ6本でシェルホルダーを固定します。

シェルホルダーを取り付ける時に、画像のようにシェルホルダー裏側の凹部分にウレタンチューブをセットしておきます。このウレタンチューブがシェルの抜け止めになります。

レシーバーレールの取り付けは、銃本体のレシーバーピン2本を構えて左側からポンチなどで叩いて抜き、レシーバーレールに付属しているピンで固定します。この時、レシーバーピンは前後でサイズが異なるので注意が必要です。

レシーバーレールに付属しているピンは抜け止めのローレット加工がされているので、向きに注意して構えて右側からピンを差し込みプラスネジで固定する仕組みになってます。

エクステンションマガジンチューブは、標準のスイベルキャップを外して交換するだけです。エクステンションチューブを取り付けたら、バレルスリングマウントでアウターバレルとエクステンションチューブを両側から挟み込み、ボルトナットで止めれば完成です。

ショットガンのトラディショナルなスタイルのウッドストックバージョンが、タクティカル仕様に変身しました。(好き嫌いが分かれると思いますが)w

レシーバーレールを取り付けたので、T1タイプのドットサイトを載せてみました。

バレルスリングマウントにLBXの2点スリングを付けて、より戦闘的な感じになりました。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。