"> ');

A&K M24 スナイパーライフル




マルイのVSR-10Gスペックを購入してから、暫くガスブローバックガンばかりに興味が行っていたんですが、久々にエアーコッキングライフルを購入する事になりました。

A&Kから出ているレミントンM24対人狙撃銃です、かなり前から販売されていたみたいです。

マルイのVSRは軽くてゲームで使うにはとてもいいんですが、やはり実銃をモデルアップしているエアガンはとても魅力的だと思います。

実射性能はA&K製ということで全然期待はしていません、むしろこれをベースにVSR超えの実射性能にカスタムしていこうと思っています。

早速、開封していきます。

パッケージ

箱は以外と小さくてレシーバー、アウターバレルとストックが分かれて入ってました。

付属品

本体以外の付属品はローダー、クリーニングロッド、BB弾少々、ネジ3本、弾速証明書。

スペック

全長          :1120mm
重量          :3600g
材質          :メタル、ABS樹脂製
口径          :6mmBB弾
パワーソース      :エアーコッキング
インナーバレル長    :510mm

外観

レシーバー、アウターバレルとストックは付属の3本のネジで固定します。

ストックはH-Sプレシジョン製ファイバーストックをモデルアップしており、アジャスタブルバットプレート仕様になってます。

アウターバレルはフルート加工されているブルバレルです、レミントンの刻印がバッチリはいっています。

レシーバーにもレミントンモデル700 M24と入っています。

レシーバー上部にスコープマウントベースが付いています。このマウントのレールが曲者で20mmピカティニー対応ではないので、マウントリングを購入するときはウィーバーレールに対応しているマウントリングでないと、取り付けられませんのでご注意ください。(私はマウントのレールを削ってしまったので。w)

マガジンはシースルーのプラスチック製でマルイ等と互換性が有りません。質の悪いプラスチックみたいなので耐久性はなさそうですが、予備マガジンがどちらのショップでも品切れ中になってました。

左側のスイベルの取り付けネジが、アウターバレルの固定をしています。

内部メカ

トリガーユニットはセットピンやシアーはスチール製になってます。

シリンダーを開封してみました。シリンダーはマルイのVSRよりも長さが有るので、互換性が有りません。

ピストンやスプリングガイドはメタル製の物が使われています。スプリングは日本の規制に合わすためカットした物が入っていました。

パーツ構成だけで比べてみると、VSRよりもお金が掛かってそうな感じがします。

実射

1回目     90.08m
2回目     89.66m
3回目     89.78m
4回目     90.03m
5回目     90.88m

マルイバイオBB弾0.2g、室温28.5℃、XCORTECH3200MK3にて計測。

スナイパーライフルとしては、若干遅めですが思っていたよりも良い感じです。

まとめ

A&K M24ですが、価格が安いわりに外観は質感も良く剛性もしっかりとしていると思います。

室内9mくらいでの試射ではグルーピングも良く動作に問題は有りませんでした。

ただ内部パーツの一部には、質の悪そうなプラスチックが使われていたりするので工夫が必要だと思います。

外観はリアルに出来ているので、カスタムベースとしては有りかなと思いましたが、マルイのVSRとはシリンダーサイズやトリガーユニットなど互換性が無いので、簡単にはカスタム出来ないのではと思われます。

チャンバーユニットのサイズは違うようですが、チャンバーの仕組みなどはマルイと一緒なんで使えるパーツも有るかと思うので、VSRを目指して頑張ってカスタムしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。