"> ');

東京マルイ グロック19




GLOCK19 3rd Generation

東京マルイから2018年10月25日に既に発売になっていたグロック19ですが、今更ながらに手に入れたのでレヴューの方させていただきたいと思います。

最近、VFCのG19Xに始まりG45とグロック熱が再発してまして、改めてマルイのグロック19が気になり始め購入してしまいました。w

発売当初から、性能の良さは話題になっていたので期待ができます。

パッケージ

付属品は説明書、マガジンフォロアストッパー、BB弾少々、マズルキャップ、クリーニングロッド、いつもと一緒ですね。

スペック

全長187mm
重量640g
インナーバレル長87mm
装弾数22発
発射モードセミオート
パワーソースHFC134a、HFC152a等

外観

コンパクトオートにはフルサイズのハンドガンには無い魅力がありますね。ポケットにも入りそうな感じがいいですね~w

マルイでは、今回のグロック19より実銃採寸のリアルサイズになっております。これによって実銃用ホルスターもバッチリ使えます。

SAFARILANDとBLACKHAWK!の実銃ホルスターにもバッチリ入りました。

チャンバー部分の刻印。

右側グリップのTOKYO MARUIの刻印以外はリアル刻印になっています。

シリアルナンバーのセフティーも健在です。w

最近、フルサイズのグロックのマガジンばかり見ていたので、G19のマガジンはコンパクトですね。

VFCのグロックと質感を比べてみました。スライドはカラーも材質もが違うので比較になりませんが、フレームを比べてみるとVFCのフレームの方がマットな感じになってます。

内部メカ

ブローバックユニットには15mm径の大口径シリンダーが採用されています。以前レヴューしたG17gen4の元になったブローバックユニットですね。

インナーフレームやハンマーも以前のグロックとは違っているようです。

ホップ調整はエジェクションポートからアクセスすることができます。下方向に回すとホップが強くなります。

実射

1回目67.09m
2回目66.93m
3回目66.72m
4回目65.64m
5回目64.79m

マルイバイオBB弾0.2g、適正ホップ、室温18.9度、XCORTECH3200MK3にて計測。

室温が結構低かったのですが、初速もまあまあ出てますね。

まとめ

ここ最近は、VFCなどの海外製のハンドガンばかり撃ってたので、久々にマルイのガスガンを撃ってみて改めて良く当たるなと関心しました。5~6mの距離からの的当てなら、ほぼ2~3cmにまとまります。

11月の終わりにもかかわらず、室内では全然問題なくブローバックして快調に撃つことができました。チョットマガジンを人肌程度に温めればかなり鋭く重いリコイルも味わえます。

各社からグロック19は出ていますが、質感こそVFCなどの一部のメーカーには若干劣る部分も有るかもしれませんが、こと実射性能ではぶっちぎりの出来だと思いました。

サバイバルゲームなどでも、マルイ製品のガスハンドガンのホップ性能は折り紙つきですので、セカンダリーウェポンにももってこいの銃だと思いました。

低い気温でも、そこそこ動きそうなのでチョット温めればこれからの季節でも使えると思います。

グロックが増殖中です。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。